ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人権政策課 > いきいき未来ネット

いきいき未来ネット

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

安心安全な食べ物を子どもたちに食べさせたいと思った時、私たちをとりまく環境が大事であることに気づきました。

また、町の真ん中を流れる那珂川の水にも特に興味があります。

毎年4月に子どもたちも一緒に川の調査を行っています。

川をきれいに保つためには私たちが台所から流す水にも気をつける必要があります。そのために廃油石鹸やマイエンザなどを作って広めています。

マイエンザの作り方

一次培養

  1. 砂糖25gと酵母菌(ドライイースト)2gを混ぜます。・・・A
  2. Aに乳酸菌(ヨーグルト)25gと納豆菌(挽き割り1粒)を入れてよく混ぜます。・・・B
  3. Bに40度の温水を200ml入れ、35度で保温し、1週間発酵させます。
  4. 発酵終了したら薄茶色になります。
  5. 味見をします。酸っぱい味がします。
  6. 水道水を足し、500mlにします。

二次培養

  1. 一次培養液の澱に、砂糖15gと酵母菌(ドライイースト)2gと40度の温水を200mlを加え、35度で保温し一週間発酵させます。
  2. 発酵終了したら薄茶色になります。
  3. 味見をします。酸っぱい味がします。
  4. 水道水を足し、500mlにします。

注意事項

  • 培養中は、キャップをゆるめてガス抜きをしてください。
  • 培養中は激しく振り混ぜない。
  • 35度の熱帯魚用のヒーターを利用して、直接または湯煎の形で1週間静かに保温する。
  • 夏場に屋外培養する場合は、45度を超えないように気をつける。(夜間は室内に!)
  • 1週間後に培養液が酸っぱくなっていれば完成。ワイン程度の酸性(pH3.5前後)になる。

使い方 

  • 台所では、スプレーして拭くとヌメリと魚の臭いなどが取れます。
  • お風呂場では、スプレーして拭くと、洗面器の湯垢が簡単に落ちて浴室全体の掃除もとっても楽になります。
  • メガネや鏡は、液を染み込ませた布等で拭いてください。油膜が取れます。

ikiikimirainetto03

▲マイエンザづくり

 

ikiikimirainetto02

▲原発(原子力発電)についての学習会

2011年3月11日の東日本大震災において放射能の問題も表面化しました。私たちは知らないことがたくさんあることに気づき、原発(原子力発電)についての学習会も開催しました。

 

問い合わせ先

八代由美

電話番号092-952-6532


このページの先頭へ
前のページに戻る