ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 安全・安心 > 救急・消防 > 消防

消防

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

火災と救急の通報は・・・

災と救急の通報は、電話119番へお願いします。
また、消防車や救急車を呼ぶときは以下のことを落ち着いて正確に伝えましょう。

  • 住所(番地まで)
  • 名前
  • 年齢
  • 電話番号(ファクス番号)
  • 近くの大きな目標物
  • 今の症状や状態 

火災などのお問い合わせは・・・

火災などの問い合わせは、電話0180-999-888へお願いします。119番への問い合わせはご遠慮ください。

煙が出る殺虫剤などを使うときは・・・

殺虫剤などの煙が大量に発生することがあるものを使うときは、あらかじめ消防署までご連絡ください。

春日・大野城・那珂川消防本部

092-584-1191

さあ、地震だ!~グラッときた瞬間の9つの対処法~

その1「落ち着く」

まず冷静に行動すること。あわてるとケガをしたり、パニックに巻き込まれるもと。

その2「もぐる」

家具の転倒や落下物から身を守るため、テーブルやふとんなどの下にもぐる。

その3「かばう」

移動するときはカバン、ハンドバッグ、座ぶとんなどで頭や体を危険物から守る。

その4「開ける」

いつでも避難や脱出ができるようにドアや窓を少し開けておく。

その5「消す」

グラッときたら、まず火の始末を。火が出たときは初期消火に努める。

その6「離れる」

家具やブロック塀などの危険物、がけなどの危険箇所から急いで離れ安全な場所へ。

その7「逃げる」

家屋の倒壊や延焼などの危険がせまったら、一刻も早く避難・脱出する。

その8「閉める」

ただちにガスの元栓を閉める。避難するときは電源も必ず切る。

その9「助け合う」

家族や地域の人々と協力し合って、避難、救出、消火などにあたる。

参考資料

「福岡県家族ぐるみの防災ガイド」