ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 安全・安心 > 防災・防犯・交通安全 > 缶ジュース1本でできる防犯対策

缶ジュース1本でできる防犯対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月25日更新

缶ジュース1本でできる防犯対策

◆一戸一灯運動って知っていますか

 この運動は、全国的に取組まれている活動で、犯罪を抑止するために「家庭の門灯や玄関灯を朝まで点灯しよう」という地域のボランティア活動です。夜間に各家庭の門灯や玄関灯を点灯して、住宅街の暗がりをなくすことで、部活動・塾帰りの子どもや、仕事帰りの女性を狙ったひったくりや痴漢などの犯罪を遠ざけることができ、自宅への侵入盗防止にもつながります。

◆電気代が心配…

 確かに電気代はかかります。しかし、20Wの電灯を1ヵ月点灯させても、電気代は、缶ジュース1~2本くらいといわれています。門灯などの点灯は、街灯(防犯灯や街路灯など)を補う役割に加え、自らの生命や財産を安全に守ることができます。缶ジュース1本でできる防犯活動を始めてみませんか。