ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 環境・ごみ・リサイクル > 犬・猫 > 犬の飼育状況変更時の手続き

犬の飼育状況変更時の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

犬の飼育状況が変わった飼い主さんは、環境防災課で手続きをしてください。

転居(町内→町内)

住所変更の連絡をしてください。

転出(町内→町外)

転出の連絡をしてください。(転出先での手続きが必要です。)

転入(町外→町内)

登録鑑札の交換(無償)が必要ですので、前住所地で交付された登録鑑札を必ず持ってきてください。

譲渡

譲渡の連絡をしてください。(新しい飼い主の住所・氏名・連絡先が必要です。)登録鑑札・注射済票は新しい飼い主へ渡してください。

犬の死亡

死亡の連絡をしてください。ご家庭で埋葬などの処理が出来ない場合は、町の委託業者である大永産業(電話092-953-0233)が死体を回収しますので、直接業者に連絡し、ご家庭の場所を伝えてください。手数料は1頭につき1,100円です。

犬の引き渡し

県保健福祉環境事務所(電話092-513-5599)に連絡をしてください。引渡しの事前予約が完了した後に県保健福祉環境事務所に飼い犬を引き渡してください。引き渡した犬は殺処分されます。

生後91日未満の犬は、1頭につき400円、生後91日以上の犬は、1頭につき2,000円の引取り手数料が掛かります。

登録鑑札紛失

登録鑑札の再交付をしてください。(再交付手数料1,600円)