ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 環境・ごみ・リサイクル > 環境 > 始めませんか?経済的で地球にやさしいエコライフ!

始めませんか?経済的で地球にやさしいエコライフ!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

家庭でできる省エネ・節電の取組みはたくさんありますが、その中でも効果の高い取組みを紹介します。

1.家族が同じ部屋で団らんし、冷暖房費・照明費をカット

家族が別々の部屋で過ごすと冷暖房費・照明費は余計に必要になります。できるだけ同じ部屋で過ごしましょう。

 ⇒年間で約10400円の節約 

2.エコドライブで省エネ

  • ふんわりアクセルでやさしい発進
  • 急な加速や減速をおさえて
  • 早めのアクセルオフでエンジンブレーキを活用
  • アイドリングストップ

⇒年間で約17790円の節約(※上記の4項目をすべて実施した場合)

3.食器洗い乾燥機でエネルギーも手間もカット

給湯器を使っての手洗いと比べ、正しく食器を置いてまとめて洗えばかなりの省エネ効果となります。

⇒年間で約9610円の節約

4.シャワーの使用を1日1分家族全員が減らす

身体を洗っている間はお湯を止めるなどし、流しっぱなしにしないようにしましょう。

⇒年間で約7100円の節約

5.電気カーペットの設定温度を下げる

必要な場所だけあたためたり、熱が逃げないように工夫したりして設定温度を「強」から「中」にしましょう。

⇒年間で約4090円の節約(※1日5時間の使用の場合)

6.お風呂の残り湯を使って洗濯

お風呂の残り湯利用で、できるだけまとめて洗濯し、洗濯機に入れる量は8割程度を目安にしましょう。

⇒年間で約3950円の節約(※電気代と水道代を合わせて)

7.待機電力の消費を50%削減

主電源を切る。長時間使わないときはコンセントを抜く。待機電力消費の少ない商品を選ぶ。

⇒年間で約3400円の節約

8.電気ポットや電子ジャーの保温を止める

電気をつけている時間が長い保温は、多くの電気を消費します。ごはんは電子レンジで温めなおして消費電力カット。

⇒年間で約1900円の節約

9.冷房温度を1℃高く、暖房温度を1℃低く設定

カーテンを利用して夏は断熱、冬は保温の効果を。部屋着を厚手のものに変えるなどの工夫をしましょう。

⇒年間で約1800円の節約

10. 1日1時間テレビを見る時間を減らす

見ていない時はこまめに電源を切ったり、見たい番組だけを見るようにしましょう。

⇒年間で約800円の節約

 福岡県では、エコライフを進めるための「ふくおかエコライフ応援book」~福岡県環境家計簿~を用意しています。

詳しくはコチラ!↓

ふくおかエコライフ応援サイト

※本文中の節約額は、環境省「身近な地球温暖化対策」2007年4月改訂版、(財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」2010年3月版より引用しました。