ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 国民健康保険 > 高齢受給者証
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > その他の福祉 > 高齢福祉 > 高齢受給者証
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 高齢受給者証

高齢受給者証

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

70歳から74歳までの人は、所得などに応じて自己負担割合が記載された高齢受給者証が交付されます。

病院や薬局などには、国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の2つを提示してください。

対象者

  • 70歳から74歳までの人
  • 70歳になる月の翌月(1日が誕生日の人はその月)からが対象となります。

交付

70歳の誕生月の下旬(1日生まれの人は誕生月の前月の下旬)に郵送します。

医療費の窓口負担割合

現役並み所得者※

3割

一般・低所得者Ⅰ・Ⅱ

昭和19年4月1日以前生まれの人  1割

昭和19年4月2日以降生まれの人  2割

※同一世帯に住民税課税所得(調整控除が適用される場合は控除後の金額)が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。ただし、住民税課税所得が145万円以上でも下記の1~3いずれかの場合は、申請により「一般」の区分と同様になります。

同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者数

収入

1

1人

383万円未満

2

国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した人を含めて合計520万円未満

3

2人以上

合計520万円未満