ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 住民票・戸籍・証明 > 各種証明書 > 住民票の写し等が不正取得された場合に、本人にお知らせする制度ができました

住民票の写し等が不正取得された場合に、本人にお知らせする制度ができました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

平成25年3月1日から、住民票の写し等の不正取得にかかる本人通知制度を実施します。
この制度は、本人の人権その他の権利利益の侵害を防止するとともに、不正取得の抑止を図るため、住民票の写し等が不正に取得されたことが発覚した場合、本人にその事実を通知する制度です。

通知する場合

  • 住民票の写し等を取得した第三者が、不正取得者であることが明らかになった場合
  • 国または県の通知により、不正取得を行った事実が明らかになった場合  など

通知対象となる証明書

  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 戸籍の附票の写し
  • 戸籍全部(個人)事項証明書
  • 戸籍一部事項証明書
  • 戸籍謄抄本
  • 戸籍記載事項証明書
  • 届出書の記載事項証明書

※消除された住民票、戸籍の附票、除かれた戸籍なども含む。 

詳しくは、下記の要綱を参照ください

那珂川町住民票の写し等の不正取得に係る本人通知要綱(PDF:9KB)