ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 税金 > 固定資産税 > 土地評価のしくみ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 土地・住まい・交通 > 住宅 > 土地評価のしくみ

土地評価のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

土地の評価

  •  固定資産の評価および価格の決定に当たっては、総務大臣が定めた固定資産評価基準によって行います。

 

地目

  • 地目は、宅地、田および畑(併せて農地といいます。)、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野ならびに雑種地をいいます。固定資産税の評価上の地目は、登記簿上の地目にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目によります。

 

地籍

  • 土地の地積は、原則として登記簿に登記されている地積によります。

 

固定資産評価額

  • 固定資産評価額は、地価公示価格および不動産鑑定士により求められた鑑定評価価格を活用し、これらの価格の7割を目途として評価しています。