ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 税金 > 町・県民税 > 平成29年分所得税の確定申告及び平成30年度町県民税の申告について

平成29年分所得税の確定申告及び平成30年度町県民税の申告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月27日更新

平成29年分確定申告(所得税)・平成30年度住民税の申告について

・確定申告について

・町県民税の申告について

確定申告について

所得税の申告と納税は、平成30年3月15日(木曜日)までです。

※確定申告について、詳しくは「国税庁ホームページ」をご確認ください。

◆筑紫税務署の申告相談会場を「イオンモール筑紫野」に開設します

○会場:イオンモール筑紫野 3階 イオンホール (筑紫野市立明寺434-1)

○期間:平成30年2月16日(金曜日)から3月15日(木曜日)まで

     ※ただし、土・日曜日及び祝日は休みとなります。

○受付:午前9時から午後4時まで

※申告には、マイナンバーの記載(注1)と申告者ご本人の本人確認書類の提示または写しの添付(注2)が必要となります。

(注1)扶養親族がいる場合は、扶養親族等のマイナンバーの記載が必要です。

(注2)例1:マイナンバーカード(個人番号カード)

     例2:通知カード+運転免許証や公的医療保険の被保険者証など

※この期間は、筑紫税務署での申告相談を行っておりませんのでご注意ください。

※作成済みの申告書の提出は郵送での提出または筑紫税務署の時間外書類提出箱への投函による提出をお願いします。

※開場時(午前9時)は、1階『G-4 パープルコート エスカレーター入口』にお並びいただいた方を優先し、会場へご案内いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。

※確定申告会場は、申告期限間近になると大変混み合いますので、2月23日から3月8日の期間にご来場をお願いいたします。

◆確定申告書等作成コーナーのご案内

申告会場は大変混み合いますので、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を是非、ご利用いただき、郵送、またはe-taxでのご提出をお願いいたします。

□確定申告書等作成コーナーに関するお問い合わせ【ナビダイヤル 全国一律市内通話料金】

 電話番号:0570-01-5901

 受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(土日祝日を除く)

 ※なお、ご利用の電話機によっては、上記ナビダイヤルにつながらない場合があります。

問合せ(筑紫税務署) 電話番号:092-923-1400(自動音声案内)
※所得税などの確定申告に関するお問い合わせは「0」番をプッシュしてください。(平成30年1月12日から3月15日まで開設)
※国税に関する一般的なお問い合わせは「1」番をプッシュしてください。(電話相談センターの担当者におつなぎします)
 
 

◆『勤労青少年ホーム』(那珂川町役場となり)で所得税の確定申告を受け付けます

 65歳以上で、給与所得と年金所得のみの人については、確定申告の受付(申告相談)を役場となりの勤労青少年ホームでも実施します。ただし、当会場は受付窓口数が少なく非常に混雑しますので、待ち時間が非常に長くなる場合や受付を早めに終了する場合があります。

○会場:勤労青少年ホーム 2階 第1・2会議室(西隈1-1-1 / 役場となり)

○期間:平成30年2月16日(金曜日)から2月23日(金曜日)まで ※土・日曜日を除く

※小学校区別に受付日を設けておりますので、ご注意ください。

日 程小学校区
 2月16日(金)岩戸北小学校区
 2月19日(月)片縄小学校区
 2月20日(火)岩戸小学校区・安徳小学校区
 2月21日(水)南畑小学校区・安徳北小学校区
 2月22日(木)安徳南小学校区
 2月23日(金)受付予備日
○受付:午前9時から午後4時まで

※混雑の状況によっては、お待たせする場合や受付を早めに終了する場合があります。

当会場での受付は、次の項目に該当する人のみです。

65歳以上で、給与所得と年金所得のみの人

※上記以外の人は、イオンモール筑紫野のみの受付です

特に、

・事業を営む人 ・生命保険等の営業職員の人 ・不動産所得のある人 ・贈与税を申告する人

・原稿料、報酬、料金等の収入がある人 ・不動産または株式等の譲渡所得のある人

・住宅ローン控除を申告する人

は、ご注意ください。(イオンモール筑紫野での受付です)

◆申告に必要な主なもの

  1. マイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは通知カード ※写しでも可
  2. 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  3. 印かん
  4. 源泉徴収票などの収入や経費の分かる書類
  5. 扶養控除を受ける人は、扶養親族のマイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは通知カード ※写しでも可
  6. 医療費控除を受ける人は、医療費控除の明細書と健康保険組合などからの補てん金の明細など 
  7. 社会保険料控除を受ける人は、国民健康保険、介護保険、国民年金、後期高齢者医療保険などの支払いが分かる書類や領収書
  8. 生命保険料控除を受ける人は、生命保険料、個人年金保険料、地震保険料及び小規模企業共済等掛金などの控除証明書
  9. 障害者控除を受ける人は、障害者手帳など
  10. 寄附金控除を受ける人は、寄附金の領収書など
  11. 所得税の還付金がある人は、ご本人名義の預貯金口座番号などが分かるもの

※医療費控除を受ける人は、事前に合計金額の計算をしておいてください。

※社会保険料控除を受ける人で国民年金の支払い分を確定申告する場合は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書や領収書の提示または提出が必要です。

※申告内容により、その他に必要となる書類がある場合があります。

【ご注意ください!】医療費控除を受ける人へ

平成29年分の確定申告から「医療費控除に関する明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」の添付が必要となります。(国税庁ホームページからダウンロードできます)

※医療費の領収書の添付または提示の必要はありません。

※明細書の記入内容確認のため、確定申告期限から5年間、税務署から領収書(医療費通知に係るものを除く)の提示または提出を求める場合があります。領収書の添付または提示によることもできます。不明な場合は筑紫税務署に問い合わせください。

町県民税の申告について

平成30年1月1日現在で那珂川町に住所がある人は、平成29年1月から12月までの所得などの状況について申告する必要があります。

○提出先:税務課 町民税担当(〒811-1292 那珂川町西隈1丁目1番1号 ※郵送でも可

○提出期限:平成30年3月15日(木曜日)

※町県民税申告書様式は、1月中旬頃に町ホームページにも掲載します。

次の項目に該当する人は、町県民税申告の必要はありません。

・所得税の確定申告をする人

・給与以外に収入がなく、勤務先から那珂川町に給与支払報告書が提出されている人

※申告書には本人のマイナンバー(個人番号)、扶養控除を受ける場合は扶養親族のマイナンバー(個人番号)の記入が必要です。

※本人のマイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは通知カードの写しを添付してください。

※2月16日(金曜日)から2月23日(金曜日)までは役場となりの勤労青少年ホームで受付・申告相談を行います。

※所得税の確定申告の必要がない人でも、町県民税の課税計算のための資料となりますので申告が必要です。

※前年中(平成29年1月から12月)に収入がなかった人でも、国民健康保険税や介護保険料などの税額の算定、役場またはコンビニエンスストアでの所得証明書の発行などに必要となりますので申告をしてください。

◆申告に必要な主なもの

  1. マイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは通知カード ※写しでも可
  2. 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  3. 印かん
  4. 源泉徴収票などの収入や経費の分かる書類
  5. 扶養控除を受ける人は、扶養親族のマイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは通知カード ※写しでも可
  6. 医療費控除を受ける人は、「医療費控除の明細書(町・県民税申告用) [PDFファイル/1003KB]」または「セルフメディケーション税制の明細書(町・県民税申告用) [PDFファイル/606KB]」と健康保険組合などからの補てん金の明細など 
  7. 社会保険料控除を受ける人は、国民健康保険、介護保険、国民年金、後期高齢者医療保険などの支払いが分かる書類や領収書
  8. 生命保険料控除を受ける人は、生命保険料、個人年金保険料、地震保険料及び小規模企業共済等掛金などの控除証明書
  9. 障害者控除を受ける人は、障害者手帳など
  10. 寄附金控除を受ける人は、寄附金の領収書など

※社会保険料控除を受ける人で国民年金の支払い分を確定申告する場合は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書や領収書の提示または提出が必要です。

※申告内容により、その他に必要となる書類がある場合があります。

※昨年度(平成29年度)に申告書を提出されている人には、税務課から新年度(平成30年度)の申告書を1月下旬に郵送します。届いていない人で町県民税申告が必要と思われる場合は、お問い合わせください。