ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 文化・スポーツ・生涯学習 > 文化財 > 那珂川町の天然記念物
トップページ > 分類でさがす > 町政情報・統計 > 那珂川町の概要 > 町の紹介 > 那珂川町の天然記念物

那珂川町の天然記念物

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 那珂川町は水と緑豊かな町で、大きな木や珍しい草花がたくさん残っています。県が指定した天然記念物として、釣垂のヒノキシダ、安徳のエノキ、日吉神社のオガタマ、市ノ瀬のヤマモモ、成竹のモチノキ、山中のアセビ、町が指定したものとして山田のイチョウがあります。ここではその中から、市ノ瀬の日吉神社内にあるヤマモモとオガタマをご案内します。

 指定を受けているヤマモモは、もともと隣合って生えた二つの株が大きくなる途中でくっつき1本になったもので、中に自由に出入りのできる位の空洞ができています。オガタマは高さが25メートル以上、木の周囲が3メートル以上もある、とても大きなものです。

 皆さんもこれらの草木を訪ねながら、自然の大切さについて考えてみませんか。その他の天然記念物の場所など、詳しくは教育委員会社会教育課へお問い合わせください。