ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > こども応援課 > 母子寡婦福祉資金貸付制度

母子寡婦福祉資金貸付制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

母子寡婦福祉資金貸付制度は、母子家庭や寡婦の生活の安定と、その子どもの福祉を図るため、貸し付けを行っています。

資金の種類貸付対象貸付金額内容
事業開始母子家庭の母
および寡婦
283万円以内
団体426万円
事業を開始するのに必要な資金
事業継続母子家庭の母
および寡婦
142万円以内
団体142万円
現在営んでいる事業を継続するに必要な資金
住宅母子家庭の母
および寡婦
150万円以内
(特別 200万円)
住宅の新築、購入、増改築または補修するのに必要な資金
就職支度母子家庭の母
または児童
および寡婦
10万円以内
(自動車購入は22万円以内)
就職する際に必要な資金
技能習得母子家庭の母
および寡婦
月 50,000円以内
(自動車運転免許は1回46万円以内)
事業を開始または就職するために必要な知識・技能を修得するのに必要な資金
生活母子家庭の母
および寡婦
・技能習得する期間
 月141,000円以内
・その他の期間
 月103,000円以内
(生計中心者でない者 69,000円以内)
技能習得または医療を受ける期間の生活資金
母子家庭の母になって7年未満の者の生活安定貸付
転宅母子家庭の母
および寡婦
260,000円以内住居移転に際し必要な資金
修学母子家庭の母
および寡婦が扶養している子

高校 月 35,000以内

大学 月 64,000以内

専修 月 60,000以内

高校・高等専門学校・短大、大学または専修学校に修学させるために必要な資金
修業母子家庭の母および
寡婦が扶養している子
月 50,000円以内
(自動車運転免許は1回46万円以内)
事業を開始または就職するために必要な知識・技能を修得するのに必要な資金
医療介護母子家庭の母または
児童および寡婦

31万円以内

(特に経済的困難な事情にある者 48万円以内)
(介護に係る貸付は50万円以内)

医療を受けるのに必要な資金
(医療を受ける期間が1年以内の場合に限る)
結婚

母子家庭の母
および寡婦が扶養している子

300,000円以内子の結婚に際し必要な資金
特例児童扶養母子家庭の母、父母のいない児童月32,520円以内児童の扶養に要する資金
就学支度母子家庭の母
および寡婦が扶養している子

<自宅>

小学:39,500

中学:46,100

高校(私立): 75,000(410,000)

大学(私立):370,000(580,000)

<自宅外>

高校(私立): 85,000(420,000)

大学(私立):380,000(590,000)

 

小学、中学、高校、高専、短大、大学、専修学校または修業施設へ入学、入所させるのに際し、必要な資金

 ※貸付条件など、詳しい内容についてはこども応援課までお尋ねください。

 

持参するもの

戸籍謄本、所得証明書、健康保険証、児童扶養手当・公的年金等の証書