ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 予防接種 > 子宮頸がん予防接種について

子宮頸がん予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月27日更新

 平成25年4月に定期予防接種となりましたが、厚生労働省は、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に発生しているとして、同年6月14日付で積極的な接種勧奨を控えるように勧告しました。

 現在、那珂川町においても個別でのご案内など、子宮頸がん予防接種について積極的な接種勧奨を行っていません。

 子宮頸がん予防接種を希望される場合は、リスクと有効性などを十分に理解したうえでの接種をお願いします。

 詳しくは、厚生労働省のリーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」 [PDFファイル/255KB]をご確認ください。

子宮頸がん予防接種後に生じた症状の相談について

 平成27年9月17日開催の厚生科学審議会の議論を踏まえ、厚生労働省は子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状に対する対応として、速やかに救済に係る診査を実施していくことが決まりました。

 ワクチン接種後の症状に関するご相談は、下記の相談窓口をご利用ください。

厚生労働省 相談窓口

※本相談窓口は、厚生労働省が民間業者に委託して設置しているものです。

電話番号:0422-70-1485

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後9時まで(ただし、土日、祝日、年末年始は除く)

福岡県 相談窓口

県内の医療、予防接種後健康被害救済制度等に関する一般的なご相談

福岡県保健医療介護部保健衛生課

電話番号:092-643-3268

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(ただし、土日、祝日、年末年始は除く)

県内での学校生活に関するご相談

福岡県教育振興部体育スポーツ健康課

電話番号:092-643-3922

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(ただし、土日、祝日、年末年始は除く)

平成25年3月31日までに予防接種を受けられた人

 平成25年3月31日までに、那珂川町の助成で、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌の予防接種のいずれかを接種した人のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した人は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。なお、医療費・医療手当は入院治療の有無は問いません。

 支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られます。

 ご相談及び具体的な請求方法等については、下記窓口へご連絡ください。

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)救済制度相談窓口

電話番号:0120-149-931

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後5時まで(ただし、祝日、年末年始は除く)

子宮頸がん予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

 接種後に生じた診療に係る協力医療機関について、下記リンクのとおり、厚生労働省が公表していますので、ご参照ください。

厚生労働省:ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた診療に係る協力医療機関について

福岡県内における協力医療機関

・九州大学病院(グローバル感染症センター) 電話番号:092-642-5962

・福岡市立こども病院(総合診療科) 電話番号:092-682-7000

・飯塚病院(小児科) 電話番号:0948-22-3800

・久留米大学病院(婦人科) 電話番号:0942-35-3311