ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 土地・住まい・交通 > 住宅 > 那珂川町木造住宅耐震改修工事費補助金
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 引越・住まい > 那珂川町木造住宅耐震改修工事費補助金

那珂川町木造住宅耐震改修工事費補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新
※国の「省エネ住宅ポイント制度」との併用はできません。

 詳しくはこちらをご確認ください。

 

補助対象者

  • 那珂川町に木造戸建住宅を所有しお住まいの人
  • 町税を滞納していないこと

 

補助対象住宅

  • 昭和56年5月31日以前に建築確認を得て建築した2階以下の木造戸建住宅

 

補助金額

  • 木造住宅耐震改修工事費の46%に相当する額(上限60万円/戸)

戸数に限りがありますので、耐震改修をご検討中の人は、早めに問い合わせください。

耐震改修工事までの流れ

まずは耐震診断で家の強さを調査しましょう

耐震診断とは、家の強さを調査して弱いところの補強が必要かどうか判断するための家の健康診断です。

診断の結果は、評点という点数で判断されます。

 

評点は、その建物が持っている強さ ÷ その建物に必要な強さで算出されます。

評点1.0以上の建物は、倒壊する可能性は低いです。

評点1.0未満の建物は、倒壊する可能性が高いです。

 

診断を希望される人は、下記制度(福岡県耐震診断アドバイザー派遣制度)をご利用ください。

 

 福岡県耐震診断アドバイザー派遣制度について

  福岡県では、福岡県内の原則昭和56年以前に建築された木造戸建住宅が対象に、必要に応じて耐震診断アドバイザーを派遣し、現地調査を実施しています。

 派遣費用(診断費用)は、1件あたり3,000円です。

福岡県耐震診断アドバイザー制度の概要

制度の対象

福岡県内の原則昭和56年以前に建築された木造戸建住宅が対象です。

 

内容

必要に応じて耐震診断アドバイザーを派遣し、現地調査を実施します。

 

派遣費用

1件あたり3,000円

相談窓口

(財)福岡県建築住宅センター

本部事務所(企画情報部)

 

〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡(東オフィス3階)

電話番号092-781-5169 ファクス番号092-715-5230

申込窓口  (財)福岡県建築住宅センター

 生涯あんしん住宅

 

〒816-0804 春日市原町3-1-7 クローバープラザ内

電話番号092-582-8061 ファクス番号092-582-8162

耐震診断が終わったら、次はどうすればいいの?

耐震診断により評点が1.0未満の木造住宅にお住まいの人は、耐震改修工事をおすすめします。

 

補助金申請および補助金交付までの流れ 

概略

町に相談 → 補助金申請 → 補助金交付決定通知 → 改修工事着手 → 工事完了→ 工事完了実績報告書 → 補助金確定通知 → 補助金請求 → 補助金交付

 

まずは、何処をどのように改修すれば評点が1.0以上になるかを検討 します。

次に改修工事費はどのくらいになるのかを検討 し、耐震改修工事の施工を決められたら、工事着手前に町に補助金申請書を提出ください。

補助金額の計算例

ケース1 耐震改修工事費100万円(税込み)の場合

補助金額 : 100万円 × 46% = 46万円

個人負担 : 100万円- 46万円 = 54万円

ケース2 耐震改修工事費150万円(税込み)の場合

補助金額 : 150万円 × 46% = 69万円→ 60万円(上限)

個人負担 : 150万円- 60万円 = 90万円

 

申請書ダウンロード