ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 経済・産業・ビジネス > 産業 > 農業 > 馬鈴薯の作付中止、返品のご協力をお願いします!

馬鈴薯の作付中止、返品のご協力をお願いします!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月11日更新

 繁殖の用に供される馬鈴薯(種馬鈴薯)については、植物防疫法第13条4項により、植物防疫官の検査を受け、合格証票等を添付してあるものでなければ、譲渡等をしてはならないとされています(別紙1 [その他のファイル/1.39MB])。

 今般、下記の事業者が、昨年度及び本年度において、植物防疫官の検査を受ける必要のない青果用として生産された馬鈴薯を購入し、九州各県に所在する下記の販売店に対し、種馬鈴薯であると偽って販売していたことが判明しました。また、この販売店においても、合格証票を添付せずに、この馬鈴薯を販売していたことが判明しました。

 このため、農林水産省消費安全局はこの事業者及び販売店に対し、販売した馬鈴薯の回収を要請したところですが、じゃがいも生産者に対しても周知いたします。

事業者名

大石物産株式会社(福岡県八女市)

販売店名

別紙2 [その他のファイル/1.52MB]

対策の内容

県内の馬鈴薯(種馬鈴薯を除く。)の生産者に対し、昨年度または今年度に別紙2の販売店から種馬鈴薯を購入した場合は以下を行うよう、要請します。

  1. 未だ植付をしていない場合は、植付を中止するとともに、販売店の返品の呼びかけに応じてください
  2. 既に植付をしている場合は、植物防疫官の検査を受けていない馬鈴薯であることを踏まえて生育状況をよく観察し、必要に応じて最寄りの病害虫防除所等に相談してください

消費・安全局 植物防疫課 違反事案について [その他のファイル/1.17MB]

種ばれいしょ検疫制度について [その他のファイル/1.22MB]