ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 経済・産業・ビジネス > 産業 > 商工業 > セーフティネット保証7号の認定の取扱いについて

セーフティネット保証7号の認定の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

認定対象者

経済産業大臣が指定する金融取引の調整を行っている金融機関(以下「指定金融機関」)からの借り入れが減少している中小企業者。

指定金融機関については、中小企業庁のホームページで確認をお願いします。

中小企業庁ホームページ

認定要件について

認定要件については、以下の要件すべてに該当すること。

  1.  指定金融機関と金融取引を行っており、指定金融機関からの直近の日付の借入金残高が、全金融機関からの総借入金残高に占める割合が10%以上であること。
  2. 指定金融機関からの上記1.の同日の借入金残高が前年同期に比して10%以上減少していること。 
  3. すべての金融機関からの直近の総借入残高が前年同期比で減少していること。

※直近とは、申請日から1カ月前までとします。

申請に必要なもの

  • 7号認定申請書
  • 借入金残高のあるすべての金融機関の直近分および前年同期の借入金残高が確認可能な書類の原本(例.借入明細書、残高証明書等)

※1 複数借入がある場合は、それぞれの残高確認が出来るもの。

※2 次のものは、融資残高に含めません。

○個人事業主で、住宅ローン等事業資金以外の借入

○割引手形(商業手形)

申請書様式