ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 国民年金 > 国民年金保険料は前納するとお得です

国民年金保険料は前納するとお得です

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月10日更新

国民年金保険料は、20歳から60歳までの40年間納めます。

毎月の保険料は、翌月末日(納付期限)までに納めることになっており、納付方法については、納付書(現金)、口座振替、クレジットカード、インターネットなどを利用して納付する電子納付があります。支払方法によっては、お得な割引料金が設定されています。

納付書(現金)による前納

1年前納と6カ月前納

日本年金機構から年度初め(4月ごろ)に送られてくる保険料納付書つづりには、各月納付用の他に1年前納用と6カ月前納用の納付書が含まれています。前納を希望する場合は前納用の納付書を使用して納付してください。(申し込みは不要です。)

 その他の一定期間(1年度内)の前納

例えば、4月から6月までの3ケ月前納や、4月から翌年2月までの11ケ月前納など、個別に期間を指定(1年度内)して前納する方法があります。納める月が早いほど、割引額が多くなります。

希望する人は、管轄の年金事務所へ問い合わせてください。

管轄の年金事務所

南福岡年金事務所 電話092-552-6128

クレジットカードによる前納

1年前納と6カ月前納ができます。納付書(現金)と同じ割引額です。希望する人は、窓口で申請が必要です。

手続に必要なもの

  • 年金手帳
  • 申請者のみとめ印(代理の場合)
  • 申請用紙
  • クレジットカード納付に関する同意書(本人以外のカード利用の場合)

※申請用紙および同意書については、窓口にあります。

口座振替による前納(一番お得な納付方法です)

2年前納、1年前納、6カ月前納ができます。納付書(現金)で前納するより割引額が多くなります。希望する人は、窓口で申請が必要です。

※一部免除承認期間中は、口座振替による前納はできません。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 通帳
  • 銀行の届け印
  • 申請者のみとめ印(代理の場合)
  • 申請用紙
  • 金融機関の証明(ゆうちょ銀行の場合不要)※申し込み用紙の中に、証明欄があります。

※申請用紙については、窓口にあります。

 

納付(申し込み)期限

前納の種類

納付書(現金)による納付期限

口座振替・クレジットカード納付申請期限

2年前納(4月分~翌々年3月分)

申込月により異なります

平成29年2月28日

1年前納(4月分~翌年3月分)

平成29年5月1日

平成29年2月28日

6カ月前納(4月分~9月分)

平成29年5月1日

平成29年2月28日

6カ月前納(10月分~翌年3月分)

平成29年10月31日

平成29年8月31日

※納付書(現金)による納付で、上記以外の年度途中から前納を希望する場合や一部免除承認期間中の前納を希望する場合の納付期限や割引額についてはお問合せください。

 

納付書(現金)・クレジットカードで前納した場合の割引額

平成29年度定額保険料(月額16,490円)の場合

納付書(現金)またはクレジットカード納付の場合

前納の種類

前納額

割引額

2年前納

平成29年4月分から平成31年3月分まで

379,560円 14,400円

1年前納

平成29年4月分から平成30年3月分まで

194,370円 

3,510円

6カ月前納

前期:平成29年4月分から平成29年9月分まで

後期:平成29年10月分から平成30年3月分まで

98,140円 

800円

 口座振替で前納した場合の割引額

前納の種類

前納額

割引額

2年前納

平成29年4月分から平成31年3月分まで

378,320円 15,640円

1年前納

平成29年4月分から平成30年3月分まで

193,730円 

4,150円

6カ月前納

前期:平成29年4月分から平成29年9月分まで

後期:平成29年10月分から平成30年3月分まで

97,820円 

1,120円

口座振替による早割

通常の口座振替の振替日は翌月末日ですが、申し出により当月末日振替にすると1カ月あたり50円の割引となります。希望する人は、窓口での申請が必要です。

※一部免除承認期間中は、早割の利用はできません。 

申し込み期限

常時受け付けています。ただし、申し込みの約2カ月後から振替が開始されます。振替開始までは納付書(現金)による定額納付となります。また、初回のみ2カ月分の保険料(前月分+当月分【割引】)振替になります。

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 通帳
  • 銀行の届け印
  • 申請者のみとめ印(代理の場合)
  • 申請用紙
  • 金融機関の証明(ゆうちょ銀行の場合不要)※申し込み用紙の中に、証明欄があります。

※申請用紙については、窓口にあります。