ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 国民健康保険 > 入院時の食事代について
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 健康・医療 > 入院時の食事代について

入院時の食事代について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

 入院したときの食事代は、診療にかかる費用とは別に、1食分あたりの標準負担額を自己負担して、残りを国民健康保険が負担しています。

1食あたりの食事代(標準負担額)

所得区分標準負担額
一般(下記以外の人) 360円
指定難病患者、小児慢性特定疾病患者260円

住民税非課税世帯

低所得者Ⅱ

過去1年間の入院が90日以内210円
過去1年間の入院が91日以上160円
低所得者Ⅰ 100円
・住民税非課税世帯と低所得者Ⅰ・Ⅱの人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」か「標準負担額減額認定証」を病院で低jしなければ適用されません。各認定証の交付は国保担当窓口で申請してください。

・平成28年4月1日から、一般区分の標準負担額が見直されました。

  

65歳以上の人が療養病床に入院したとき

65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費と居住費として、それぞれ下記の標準負担額を自己負担します。

所得区分

食費(1食当たり)

居住費(1日当たり)

一般
(下記以外の人)

      460円                 (一部医療機関では420円)

320

住民税非課税世帯

低所得者Ⅱ

210

低所得者Ⅰ

130

・入院医療の必要性の高い状態が継続する人および回復期リハビリテーション病棟に入院している人については、上記の「入院時食事代の標準負担額」と同額の食材料費相当額を負担します。