ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 国民年金 > 国民年金の種類と届け出先

国民年金の種類と届け出先

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月11日更新

国民年金は、全国民を対象とした年金制度です。65歳以上の高齢になったときをはじめ、病気や事故などで障がい者になったときや、生計維持者が死亡したときといった不測の事態にも備えます。自営業者や学生、自由業の人も、厚生年金や共済組合に加入している人やその配偶者も、みんな国民年金に加入して基礎年金を受ける制度です。

 

種類

第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者の3種類があり、日本国内に住む20歳以上60歳未満の人は必ず加入し、国民年金保険料を納めることになっています。

第1号被保険者

(自営業・農林漁業・学生・フリーター・無職の人など)
加入の届出先・・・市町村
受給の届出先・・・市町村

※納付書または口座振替やクレジットカード払いにより、ご自身で国民年金保険料を納めます。

第2号被保険者

(会社員・公務員・教員など)加入の届出先・・・勤務先の事業所
受給の届出先・・・年金事務所、または各共済組合
※国民年金保険料は、給料から引かれる厚生年金・共済組合の保険料に含まれています。

第3号被保険者

(会社員・公務員・教員などに扶養されている配偶者)
加入の届出先・・・扶養者の勤務先の事業所
受給の届出先・・・年金事務所

※国民年金保険料は、配偶者の加入する年金制度で負担しますので、ご自身で納める必要はありませんが、必ず配偶者の勤務先を通じて第3号被保険者該当の届出を行ってください。