ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

後期高齢者医療

 平成20年4月から、それまでの老人保健制度に代わり、「後期高齢者医療制度」が始まりました。
 少子高齢化が進み、高齢者の医療費が増える中、国が進める医療制度改革の1つとして創設された後期高齢者医療制度は、高齢者世代と現役世代の負担と給付を明確にし、75歳以上の方の心身の特性や生活実態等を踏まえた、公平でわかりやすい制度として実施されています。

 

対象となる人

 ・75歳以上の人(満75歳の誕生日から対象) 

 ・65歳以上75歳未満で一定の障がいについて広域連合の認定を受けた人(認定を受けた日から対象)

  

保険証の交付

 満75歳になる誕生日の前月に保険証を郵送します。

 

保険料の納め方

 原則として、年間年金額18万円以上の人は年金からの支払い(特別徴収)になりますが、年金の額等によっては、納付書や口座振替(普通徴収)で納めていただきます。

 また、年金からの支払い対象となる人も、口座振替へ変更することができます。手続きの方法などについては高齢者支援課までお問い合わせください。(国民健康保険税を口座振替で納付していた人も新たに手続きが必要となります。)

※次の場合は普通徴収で保険料を納めます。

・年度の途中で75歳となった場合。

・年度の途中で他の市町村から転入した場合。

・年度の途中で保険料が変更となった場合。

・年金担保貸付返済中で受けとる年金額が少ない場合。

・介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、特別徴収の対象となる年金額の2分の1を超える場合。

 

特別徴収

年金の年金受給月(年6回)に、保険料があらかじめ差し引かれます。

普通徴収

7月から翌年3月までの9回で納付書または口座振替で保険料を納めます。


保険料の決定については、福岡県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください

http://www.fukuoka-kouki.jp/

 

後期高齢者医療広域連合が行うこと

 福岡県後期高齢者医療広域連合が行う主な業務
●資格の管理●保険料の決定●医療を受けたときの給付●保険財政の運営

 

後期高齢者医療広域連合とは?

 都道府県単位ですべての市町村が加入し、後期高齢者医療制度の運営を行う特別地方公共団体です。保険料率の改定などは、この広域連合の議会で決定されます。