ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療と交通事故
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > その他の福祉 > 高齢福祉 > 後期高齢者医療と交通事故
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 後期高齢者医療と交通事故

後期高齢者医療と交通事故

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 

 交通事故等で第三者(加害者)から傷害を受け、後期高齢者医療被保険者証で治療を受けたときは、速やかに国保年金課まで届けてください。

 医療費は原則として相手側(加害者)が負担すべきものですが、後期高齢者医療制度で一時的に医療費を立て替えることができます。その後、相手側に請求することになります。