ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 子ども > こども医療 > こども医療制度について
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 子ども > 手当・助成 > こども医療制度について
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 子育て > こども医療制度について

こども医療制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日更新

那珂川町では、お子さまの健やかな育成支援の向上と福祉の増進を図るために、お子さまにかかる医療費の一部を助成しています。
医療費の助成は、下記の要件を満たす人が対象となります。医療証の交付を受ける場合は、下記のとおり手続きしてください。 

 

医療費助成を受ける資格

那珂川町のこども医療証の取得資格は次のとおりです。

※平成28年10月診療分より対象の範囲を拡大しまていす。

年齢要件

通院(入院外)

平成28年10月1日から

小学校6年生まで(12歳に達する日以後最初の3月31日まで)のお子さま 

入 院

平成28年10月1日から

中学校3年生まで(15歳に達する日以後最初の3月31日まで)のお子さま

その他の要件

  • 那珂川町内に住所がある人
  • 健康保険に加入していること

※那珂川町では、所得制限はありませんので、上記のいずれにも該当するすべての児童が対象です。

※福岡県内の一部市町村では、3歳以上の児童は所得制限があります。

助成資格取得日

出生の場合

出生日から30日以内に申請をした場合は、出生日から該当します。

※出生日から30日目が役場の閉庁日の場合は、次の開庁日を「30日以内」に含めます。

※出生日から30日を過ぎた場合は、申請月の1日が資格取得日となります。

転入の場合

転入した月に申請を場合は、転入日から該当します。

※転入月の翌月以降に申請をした場合は、申請月の1日が資格取得日となります。

助成の適用となる医療内容と期間

助成の対象となる医療費

健康保険適用診療のうち、通院・入院にかかる費用

※健康保険適用外診療にかかる費用は対象外です。

助成を受けることができる期間

医療助成の資格を取得した日から喪失した日までの間

※上記の期間に行われた医療行為にかかる医療費が対象となります。

自己負担額

平成28年10月1日から

区分/対象者小学校就学前小学生中学生
通院無料

1つの医療機関につき月額上限1,200円

※医療機関から処方を受けた薬剤は無料

助成対象外のため、健康保険適用により3割自己負担
入院無料無料

無料

医療証の取得手続き(出生や転入した場合など)

医療費の助成を受けるためには、こども医療証の交付を受ける必要があります。

医療証の交付を受けるためには、下記のとおり手続きをしてください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(お子さまの名が記載されたもの)または資格証明書
  • 印鑑
  • 前住所地の市町村役場が発行した受給資格認定済証明書(県内からの転入で、前住所地が発行した場合)

申請の期限

出生の場合

出生日から30日以内に手続きしてください。

※30日を過ぎてから申請をした場合は、申請月の1日からの適用開始となりますので、ご注意ください。

転入の場合

転入月中に手続きしてください。

※転入した翌月に手続きをすると、手続きをした月の1日からの適用開始となりますので、ご注意ください。 

医療証の変更手続き(転居や保険証が変わる場合など)

健康保険証の内容や種類、住所が変更になった場合は、変更届の提出が必要となります。

手続きに必要なもの

  • 健康保険証(お子さまの名が記載されているもの)
  • (変更前の)こども医療証  

医療証の喪失手続き(転出する場合など)

転出・年齢到達・生活保護の開始などにより、子ども医療の資格はなくなりますので、喪失の届出が必要となります。この場合、医療証は必ず担当課へ返却してください。

手続きに必要なもの

こども医療証

手続きの期限

資格を喪失する事由が発生した場合はお早めに手続きしてください。

※資格喪失後に医療証を使用した場合は、本人負担分を請求することがあります。 

保険証の発行機関(保険者)へのお届け

保険者へ、医療証を持っている旨のお届けが必要な場合があります。直接保険者へご確認のうえ、必要に合わせてお届をお願いします。

※那珂川町国民健康保険に加入している場合は不要です。