ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療受給者が医療機関等で医療費を全額自己負担した場合
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > その他の福祉 > 高齢福祉 > 後期高齢者医療受給者が医療機関等で医療費を全額自己負担した場合
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 後期高齢者医療受給者が医療機関等で医療費を全額自己負担した場合

後期高齢者医療受給者が医療機関等で医療費を全額自己負担した場合

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 次のような場合は、いったん全額自己負担額となりますが、高齢者支援課窓口へ申請し、審査で決定すれば、自己負担額を除いた額が払い戻されます。 
 申請に必要な書類等については、事前に国保年金課までお問い合わせください。

 

  1. 事故や急病でやむを得ず保険証を持たずに治療を受けた時
  2. 海外渡航中に、急病で医療機関にかかった時
  3. 医師が治療上必要と認めたコルセットなどの補装具代がかかった時
  4. 医師が必要と認めた、はり・灸・マッサージなどの施術を受けた時