ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > 保険・年金・健康 > 国民年金 > 付加保険料(付加年金)について

付加保険料(付加年金)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

 国民年金第1号被保険者および任意加入被保険者は、定額保険料に付加保険料(月額400円)を上乗せして納付することができます。付加保険料を納付すると、老齢基礎年金に上乗せされます。

留意事項

・上乗せされる額は、200円×付加保険料納付月数です。

・付加保険料の納付は申込みした月からです。

・老齢基礎年金と合わせて支給されますが、定額のため物価スライド(増額・減額)はありません。

・国民年金基金に加入している人は、付加保険料を納付できません。