ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

平成27年4月からの実施が予定されている「子ども・子育て支援新制度」についてご紹介します。

※ここに掲載している情報は、現時点における国からの情報に基づくものです。

子ども・子育て支援新制度の概要

子ども・子育て支援新制度とは?

子ども・子育て支援新制度(以下、「新制度」といいます。)とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づく制度をいい、平成27年4月からの本格実施が予定されています。

子ども・子育て関連3法

  1. 子ども・子育て支援法
  2. 認定こども園法の一部を改正する法律
  3. 関係法律の整備等に関する法律(児童福祉法等の改正)

新制度の目的は?

新制度の目的、次の3つとされています。

  1. 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
  2. 保育の量的拡大・確保教育・保育の質的改善
  3. 地域の子ども・子育て支援の充実

新制度の主な内容は?

1.質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供のために

幼児教育と保育を一体的に提供する(幼稚園と保育所の機能を併せもつ)認定こども園の普及のため、認可・指導監督の一本化など制度の改善を図るとされています。
具体的には、認定こども園のうち、「幼保連携型認定こども園」という種類の認定こども園について見直しを行い、これまで複雑であった設置の手続きを簡素化するほか、行政からの指導・監督や財政措置が一本化されます。

2.保育の量的拡大・確保教育・保育の質的改善のために

市町村は、地域のニーズを踏まえ「子ども・子育て支援事業計画」を定め、認定こども園や保育所新設される地域型保育事業(※)を組み合わせて計画的に整備することとされています。
また、認定こども園、幼稚園、保育所の給付制度を統一するとともに、地域型保育事業(※)の給付制度を創設するなど、教育・保育に対する財政措置の充実を図ることとされています
※「地域型保育事業」・・・3歳未満の少人数の子どもを保育する次の4事業/家庭的保育事業・小規模保育事業・居宅訪問型保育事業・事業所内保育事業

3.地域子ども・子育て支援事業の充実のために

地域における子育て支援に関するニーズに対応するため、「利用者支援」など新たな事業の創設や「放課後児童クラブ(学童保育所)」、「一時預かり」などすでにある事業の充実を図ることとされています。

那珂川町の対応は?

市町村は、新制度への移行に先立って、国が定める「基本指針」に基づき、地域の保育需要を踏まえた「子ども・子育て支援事業計画」を策定することとされています。
那珂川町においても、子育て中の方のニーズの把握に努めるとともに、子育て支援に関わっている方のご意見をお聞きしながら、事業計画の策定をはじめ、必要な準備を進めています。