ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 平成30年度 保育所等利用者負担額について

平成30年度 保育所等利用者負担額について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

利用者負担額

 利用者負担額は、父母の市町村民税所得割額を合算した額に応じて決定します。父母の収入の合計額によっては、同居の祖父母等の市町村民税所得割額で決定する場合もあります。

平成30年度利用者負担額(1号認定) [PDFファイル/110KB]

平成30年度利用者負担額(2号認定・3号認定) [PDFファイル/126KB]

 ※子どもの年齢や保育の必要性の有無により、支給認定区分が決まります。

   1号認定 満3歳以上の子どもで、2号認定以外のもの。 

   2号認定 満3歳以上の子どもで、保護者の就労等により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの。

   3号認定 満3歳未満の子どもで、保護者の就労等により家庭において必要な保育を受けることが困難であるもの。

算定方法

 利用者負担額は子どもの当年度4月初日の前日時点の年齢により決定されます。
 年度の途中で誕生日を迎えても、支給認定区分(2号認定、3号認定)の変更に伴う利用者負担額の変更はありません。
4月分から8月分まで → 平成29年度市町村民税所得割額(平成28年中の所得より計算)
9月分から3月分まで → 平成30年度市町村民税所得割額(平成29年中の所得より計算)

注意事項

 1 利用者負担額の算定には、住宅取得控除、配当控除など控除できないものがあります。

 2 保育施設等を欠席した場合でも、利用者負担額はかかります。

 3 保育施設等を退所する場合は、保護者から「保育施設等退所届」が提出され、退所日が確定するまでは利用者負担額がかかりますので、事前に「保育施設等退所届」を提出してください。

 4 世帯状況の変更に伴い、年度の途中で利用者負担額が変更になることがあります。

 5 税額に変更があった場合は、利用者負担額が変更になることがありますので、できるだけ早めに、役場子育て支援課に連絡して下さい。

 6 期日までに利用者負担額の納入がない場合、財産の差押処分等を行うことがあります。