ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > その他の福祉 > 高齢福祉 > 緊急通報装置貸与事業
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き・環境 > ターゲットナビ > 高齢者・介護 > 緊急通報装置貸与事業

緊急通報装置貸与事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

在宅でひとり暮らしの高齢者などが、家庭内で急病や事故などの緊急時に本体ボタンまたはペンダントを押すことにより受信センターに通報される機器及び人感センサーを貸与します。

対象者

町内に居住する65歳以上のひとり暮らしやこれに準ずる世帯、またはひとり暮らしの身体障がい者で、健康状態・身体状態に不安があり定期的に安否確認が必要な人。

※固定電話が無い場合は設置できません。

個人負担金

 所得税課税額に応じて自己負担金があります。

利用者世帯の階層区分

利用者負担額

(月額)

生活保護法により被保護世帯

0円

生計中心者が前年所得非課税世帯

0円

生計中心者が前年所得課税額10,000円以下の世帯

500円

生計中心者が前年所得課税額10,001円以上30,000円以下の世帯

800円

生計中心者が前年所得課税額30,001円以上80,000円以下の世帯

1,100円

生計中心者が前年所得課税額80,001円以上140,000円以下の世帯

1,400円

生計中心者が前年所得課税額140,001円の世帯

1,850円